医師の方へ

    ドクターのみなさまへ

    ベンゾ減薬に取り組む患者さんのだれもがワンパターンにアシュトンマニュアルばかり持ってきてウンザリしていますでしょうか…BICのメディカルアドバイザリーボードによって纏められた「ベンゾジアゼピンテーパリング戦略とソリューション」をぜひ参考にしてくだ…

    続きを読む
    ベンゾジアゼピンのリスク ― 普通に処方されているが誰も気づいていないその危険性

    国防省はベンゾジアゼピンの使用について反対の立場にあります。何年も前からです。それが治療には適さないと知っているのです。そしてもちろん、依存性の問題も認識しています …

    続きを読む
    論文:Treatment of Benzodiazepine Dependence

    …ベンゾジアゼピンは短期間の使用(2〜4週間)では比較的安全であるが、その安全性はその期間を超えて確立されていない。そして1か月以上の服用者の半数が依存形成される …

    続きを読む
    どのようにしてベンゾがHPA AXIS障害を引き起こすか

    まず、視床下部 - 下垂体 - 副腎(HPA)軸がどのように機能するのかを見てみましょう。視床下部の傍室核(PVN, Paraventricular Nucleus)から始めます。PVNは、様々なストレス/または生理学的変化によって活性化されるニューロンの複数の亜集団を含みます...

    続きを読む
    ベンゾ離脱、グルタミン酸受容体、およびLTP

    ベンゾジアゼピン(BZ)離脱は、脳内のシナプスにおける長期増強(LTP)発生に有利な環境となるニューロン内事象を開始させます。 私たちが見るように、突然のBZ中断はニューロンの脱分極を引き起こすことが示され …

    続きを読む
    わかりやすいニューロン、ベンゾ、回復概論

    いくつかの薬はGABA A受容体に付着します。それらが付着すると、それらはGABA神経伝達物質の作用を増強し、イオンチャンネルをさらに開かせる。これを行う物質はGABA Aポジティブアロステリックモジュレーターと呼ばれます。

    続きを読む
    ベンゾジアゼピンと甲状腺症状

    1971年に書かれた論文の一部がファイザー研究員によって執筆され、ベンゾジアゼピンと甲状腺中毒症との関連性が指摘されました。本稿はこの紹介から始まります。

    続きを読む
    ベンゾ誘発器質性脳症候群

    …精神薬の研究で、長期暴露後の人間の精神機能障害と脳萎縮、ならびに細胞の異常な増殖、動物の持続的な生化学的変化についての同様の知見が得られています[5]。ベンゾジアゼピン系については…

    続きを読む
    ベンゾ、耳鳴り、および神経調節

    耳鳴りには多くの原因が考えられますが(5)、本稿ではベンゾジアゼピンが関与する機序と潜在的な治療法に焦点を当てます。耳鳴りの機序は神経同期仮説にある…聴覚皮質のニューロンが過活動状態になります。

    続きを読む
    線維筋痛症の痛み ― グルタミン酸およびヒスタミンとの関連性

    神経性難病は、筋肉とその周辺組織の機能不全と考えられていました。しかしながら近年の研究によりこれは中枢神経系疾患ととらえらるようになりました …

    続きを読む
    ベンゾジアゼピンテーパリング戦略とソリューション

    幸運にも難なく退薬できてしまう患者がいますが、一方でどんなに退薬を望んでも精神的、肉体的離脱症状に衰弱していってしまう患者もいます。ここで述べられている方法は、ドクターによる臨床経験とベンゾジアゼピンテーパリングを成功裡にやり遂げた何千人もの生存者 …

    続きを読む
    ベンゾジアゼピン遷延性離脱症候群の発生メカニズム

    この記事はドクター向けの文書としてまとめました。また、自分の主治医に読んでほしい文書を探している患者のみなさまにもお役に立てるものと思います …

    続きを読む
    ベンゾ処方量依存に陥ったドクターの減断薬と回復レポート

    ベンゾジアゼピンを断薬してから1年経ちました。多くの方が断薬後のわたしの体調について聞いてきます。なので今、すべてをまとめて記そうと思います …

    続きを読む
    カサンドラの遺書「メディカルメッセージ」

    2018年8月23日木曜日、カサンドラ・ナーバーグというアメリカ人女性が処方量内ベンゾによってベンゾジアゼピン離脱症状に陥り、1年半耐えたものの自殺しました …

    続きを読む
    患者を救うベンゾ離脱法10の心得

    医師として私たちは処方薬の専門家です。しかし、ことベンゾ離脱症状を認識しテーパリングで減薬をすることについては、しばしば見事に失敗します。…

    続きを読む
    クリスティーンの場合: ロラゼパム離脱~アカシジア、そして自死

    クリスティーン アン ナーロックは、長い離脱症状との闘いの末に2017年6月16日に自死しました。 彼女の夫、マイクによると彼女は人生を楽しむ知的な女性敬虔なクリスチャンでもありました。 彼女が自死する数日前…

    続きを読む
    慢性疾患と似ているベンゾジアゼピン医原症状

    医師はそうしてガイドラインに反しリスクについてはなんの説明もなく、もしくは時には免責事項的な注釈をつけて処方します。「この薬は依存性があるのですが、まああなたの性格から判断するに大丈夫ですよ」と…

    続きを読む
    GABAレセプターの構造と機能

    GABAはサブユニットα1にバインドする。Benzoはサブユニットα1とγに。バルビツールはβとγに。それぞれバインドされた受容体がありますがその中央にイオンチャンネルがあります …

    続きを読む
    なぜ“優秀な”医者が自死を選ぶのか

    彼はワシントンDCに住むスポーツマン。多くの学術出版物を世に出した卓越した外科医で…みんな彼を“ドクタースマイル”と読んでいました。ベンは人生の最高峰にいながらにしてその幕を閉じました。 なぜ自殺したのか?…

    続きを読む
    ベンゾジアゼピン依存症におけるフルオロキノロン系抗菌薬のリスク

    ほとんどの人は人生で何度か抗生物質を服用します。抗生物質は時に命を救いますが、他のあらゆる薬と同様にリスクを伴います。特に、フルオロキノロン系の抗生物質薬は…

    続きを読む